食材を丁寧に扱うことで、命への敬意を表す

家庭菜園 SDGs

命を食べて、命をつないでいる感覚を味わったことがありますか?

当たり前のことですが、食べ物は生き物です。

今私が生きているのは、小さな命を食べたから。

畑をするようになって、食べ物の尊さをひしひしと感じるようになりました。

畑の土から生えた野菜。

土の中には、ミミズなどの土壌生物や、微生物がたくさん暮らしています。

小さな生き物たちは、土を耕し、野菜の養分を作ってくれます。

つまり、私たちが食べているものは、人の力だけでは作り出せないということです。

種を蒔くのは人間でも、実際に植物を育むのは人以外の生物で、私たちはそれを「自然の力」と呼びます。

数え切れない小さな生き物たちが、協力して作ってくれた命。

「本当に食べて良いのかな」と思ってしまうこともあります。

しかし、私は私の命をつなぐために、食べなければならない。

だからこそ、命を食材に変える調理という行為を、大切に、丁寧に行うべきだと思います。

そして、どんな命もありがたくいただくことが、私たちにできる「小さな命の供養」なのではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました