クラウドソーシングを利用するメリットとデメリットを解説

営業のコツ

Twitterを見ていると「脱クラウドソーシング」「クラウドソーシングは初心者向け」などという言葉を目にします。

このような情報から「クラウドソーシングは初心者が使うもの」「いまだにクラウドソーシングを使っている自分はまだまだだ」などと感じているかもしれません。

しかし、クラウドソーシングは使いこなせばかなり便利なサービスです。

私自身、さまざまな営業方法を試してきましたが、こんなに効率良く案件が獲得できるサービスは他に無いと感じています。

この記事では、クラウドソーシングを使用するメリットとデメリットを解説します。

クラウドソーシング3つのメリット

まずは、クラウドソーシングのメリットを一つずつ説明します。

  1. 案件の数が多い=チャンスが多い
  2. 提案先のニーズが見えている=効率が良い
  3. 安心・安全な取引ができる

メリット1. 案件の数が多い=チャンスが多い

まず、求人サイトやTwitter求人などに比べて圧倒的に案件が多いのがメリットです。

ライティングであれば毎日のように新着案件の募集が開始されます。

案件が多いということは、つまり仕事獲得のチャンスが多いということ。

毎日コツコツ、粘り強く案件を探せば、良いクライアント様と巡り会えることがありますよ。

メリット2. 提案先のニーズが見えている=効率が良い

たとえば、メディアに直接営業をする場合、そのメディアにライターの需要があるのかどうかわからないところからのスタートです。

もしもライターを欲していないメディアだった場合、こちらから働きかけてニーズを顕在化する必要があります。(直営業のむずかしいポイントはここですね)

一方クラウドソーシングなら、クライアントのニーズは明確に見えています。

  • どんなライターさんを採用したいのか
  • どんな記事を書いてほしいのか
  • どのくらいの予算があるのか
  • 緊急度はどの程度か

クラウドソーシングでは、このような内容が募集要項に明確に記載されていますよね。

あとはこの内容に、自分が当てはまるのかどうかを考え、当てはまる場合はどんな提案をするべきなのかを考えて送るだけです。非常に効率が良いと思います。

メリット3. 安心・安全な取引ができる

クラウドソーシングでは、手数料を取られる代わりに安心・安全な取引をサポートしてくれます。

代表的なものでは、仮払いの制度がありますね。

手数料がもったいないと感じる反面、フリーランスは報酬未払いやクライアントと音信不通になるなどのリスクが多いのも事実です。

これらを回避でき、安心な取引ができるところは大きなメリットではないでしょうか?

クラウドソーシング3つのデメリット

次に、クラウドソーシングのデメリットを解説します。

  1. 超低単価案件がある
  2. 契約手数料がかかる
  3. ライバルが多い=競争率が高い

デメリット1. 超低単価案件がある

クラウドソーシングの募集の中には、1文字0.1円などの超低単価案件が紛れています。

なかには「初心者におすすめ」と謳って初心者を買い叩こうとする悪質な発注者が居るのは事実です。

上手に使わなければ、このような悪質な手にひっかかってしまうことがあります。

ただし、まっとうな発注者が居ることも事実なので、上手に使いこなすことが大事なポイントです。

デメリット2. 契約手数料がかかる

安心した取引ができるとはいえ、契約手数料がなければその分手取額が増えるので、契約手数料はデメリットともとれます。

直接の取引でも、発注書や契約書などをしっかりと交わして安心した取引ができるのであれば、それに越したことはありませんからね。

しかし、フリーランス側から契約書の同意を依頼するのはハードルが高い場合があり、事務処理にかかる工数が増えます。

総合的に見て、どちらの方が自分にメリットが大きいかを比較して考えましょう。

デメリット3. ライバルが多い=競争率が高い

クラウドソーシングにはライバルが多く競争率が高いです。

一般的に条件の良いとされる案件の募集が始まったときには、何十件もの提案が殺到します。

数々のライバルの中から、自分を選んでもらう必要があるので、そういった意味ではデメリットともいえますね。

しかし、個人的には同じ案件に応募したライバルがどんな人なのか見れるので、逆に作戦を立てやすいと感じています。

ライバルとの差別化を図り、オリジナルの提案文を書くことできれば、チャンスは十分にあるのではないでしょうか?

まとめ

個人的には、クラウドソーシングは初心者だけのサービスではないと考えています。

なかには、ランサーズだけで1,000万円以上稼いでいるような強者もいますしね。

上手に使いこなせば大変便利なサービスなので、直営業と並行して適宜利用してみてください。

\ 営業克服プログラムの無料相談実施中 /
クラウドソーシング営業に関する不安・疑問にも無料でお答えします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました